• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

「所得税・市県民税の申告」のお知らせ

申告書にはマイナンバー(個人番号)の記載が必要です

カルチャーセンターや支所で申告をする場合は、お持ちいただくもの等に変更がありますので、下記『●申告にお持ちいただくもの』、または下記添付ファイル『《申告にお持ちいただくものと申告期間中の郵送による受付について》』を、必ずご確認ください。


●申告にお持ちいただくもの

(1)番号確認書類と本人確認書類(a、bのいずれかの資料をお持ちください。)

a.マイナンバーカード(個人番号カード)(写真入りのカードです)
b.通知カード(個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書でも可)と写真付身分証明書(運転免許証・パスポート・身体障害者手帳等)

※本人が申告に来られない場合は、以下の3点が必要です。
1.委任状(ただし、法定代理人の場合は戸籍謄本その他その資格を証明する書類)
委任状は、下記添付ファイルからダウンロードできます。また、税務課市民税係窓口にもあります。
2.申告に来られる方の写真付身分証明書(個人番号カード・運転免許証・パスポート・身体障害者手帳等)
3.委任した方の個人番号カード(裏面)の写し・通知カードの写し・個人番号が記載された住民票の写しのうちいずれか1点。
(2)控除対象配偶者や扶養親族、事業専従者等がいる場合は、マイナンバーのわかるもの
(3)国外居住親族について扶養控除等の適用を受ける場合は、親族証明書類と送金関係書類

【親族関係書類】(a、bいずれかの資料をお持ちください。)
a.戸籍の附票の写し及び国外居住親族の旅券(パスポート)の写し
b.外国政府等が発行した親族の氏名、生年月日、住所・居所の記載がある書類
【送金関係書類】
国外居住親族への生活費等の支払いを明らかにするための、金融機関の送金依頼書またはクレジットカード利用明細書(またはその写し)の書類

※これらの書類が外国語で作成されている場合には、日本語での翻訳文も必要です。
(4)申告書や確定申告のお知らせハガキまたは通知書(送付されている方のみ)
(5)印鑑、筆記用具
(6)所得金額に関する書類

給与・年金の源泉徴収票、収支内訳書、給与明細、収支のわかる帳簿など

※確定申告(所得税の申告)をする場合は、原本が必要です。
※事業所得(営業等、農業)や不動産所得を申告する方は必ず収支内訳書を作成のうえ、ご来場ください。
※農業に関する減価償却につきましては、事前に平成29年分の減価償却費を計算のうえ、ご来場ください。
(7)各種控除の適用を受ける場合に必要な証明書・領収書等(29年中に支払ったもの)

■社会保険料控除を受ける人
・・・社会保険料控除証明書、保険料の納付済証明書(健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険・国民年金等)等
■生命保険料控除・地震保険料控除を受ける人
・・・生命保険料・地震保険料の控除証明書。
■寄附金控除を受ける人
・・・寄附先の団体等から交付された寄附金の受領証など
■障害者控除を受ける人
・・・障害者手帳、障害者控除対象者認定書など
■医療費控除を受ける人
・・・医療費控除の明細書(国税庁の定める様式で事前に作成)または、医療費通知。ただし平成29年分の申告については、従来どおり領収書の添付または提示でも可。※下記特例との併用は不可※詳しくは添付ファイル『広報しばた2月1日号』を必ずご覧ください。
■セルフメディケーション税制の控除(医療費控除の特例)を受ける人
・・・セルフメディケーション税制の明細書(国税庁の定める様式で事前に作成)、健康の保持増進及び疾病の予防の取組を行ったことを明らかにする書類。※詳しくは添付ファイル『広報しばた2月1日号』を必ずご覧ください。
■住宅借入金等特別控除などを受ける人
・・・住民票の写し、家屋(土地)の登記事項証明書、家屋(土地)の工事請負(又は売買)契約書の(写し)、住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書、増改築等工事証明書など(増改築の場合のみ)

※確定申告で住宅借入金等特別控除を受ける方は、必ず、カルチャーセンターもしくは支所会場の受付期間内に申告をお願いします。
※市県民税の住宅借入金等特別控除は、申告期限の3月15日(期限後において市県民税の納税通知書が送付されるときまでに提出されたものを含む。)までに申告されない場合は、適用されません。
(8)昨年提出した申告書の控等の関係書類一式(お持ちの方のみ)
(9)所得税の還付がある場合は本人名義の口座番号がわかるもの



平成29年分の確定申告期間は、2月16日(金)から3月15日(木)までです

●申告会場(申告の種類によって申告会場が違います。)

 カルチャーセンター豊浦・紫雲寺・加治川支所
確定申告
確定申告(青色申告)×
確定申告(分離譲渡所得あり)×
確定申告(所得税住宅借入金等特別控除(入居1年目))×
市県民税の申告

※確定申告をされた方は、市県民税の申告をする必要はありません。


●受付時間(会場によって時間が違います。)

会場時間(いずれも土・日曜日を除く申告期間中)
カルチャーセンター2階午前9時~午後4時
豊浦・紫雲寺・加治川支所午前9時~11時、午後1時~3時30分

※豊浦・紫雲寺・加治川支所については、お住まいの地域により申告受付日時が違います。
詳しくは添付ファイル『平成29年分確定申告・市県民税申告のご案内』をご覧ください。


●手軽に確定申告書を作るには…

 申告書は新発田税務署にありますが、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を使うと便利です。
・画面の案内に従って金額などを入力すると、税額などが自動で計算され申告書が作成できます。
・所得税や消費税の申告書、青色決算書などを作成できます。


●確定申告書の提出方法は…

・申告会場(上記参照)または新発田税務署(諏訪町1‐12‐24)に持参(申告相談は申告会場のみ)
・郵便または信書便で新発田税務署へ提出
・電子申告(e-Tax)により送信


担当課・連絡先

担当課:税務課
住所:新発田市中央町3-3-3 ヨリネスしばた3階
Tel:0254-22-3030
Fax:0254-26-2210

ページの先頭へ