• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

下水道 Q&A 

説明会での質問・回答をまとめました

 この質疑応答集は、受益者負担金説明会において、よく質問のあった事項及びその回答についてまとめたものです。説明会では多くの質問が出されましたが、似た質問はまとめてありますのでご参考にしてください。

A 受益者負担金

1.  田や畑に受益者負担金はかかるのでしょうか、または賦課されるのはなぜでしょうか。

【回答】農家が農業経営に用する田,畑は猶予します。それ以外は原則賦課します。下水道の整備によって土地の利用価値が増進することから、現在の土地利用状況にかかわらず、賦課するものです。

2.  負担金の一括支払いに対する報償制度はあるのでしょうか。

【回答】資金に余裕のある方を優遇する結果となることから、全庁的に廃止しており、下水道受益者負担金でも全納報償制度は設けていません。

3.  宅地内に家庭菜園がある場合は、賦課を猶予してもらえますか。

【回答】家庭菜園は賦課猶予の対象にはなりません。農家が農業経営用に使う田、畑は猶予されます。

4.  土地所有者と土地使用者が異なる場合、受益者となるのは誰でしょうか。

【回答】受益者負担金はその土地にもっとも強い権利を有する人に受益者となっていただきます。原則として、当事者間の話し合いで決めていただくことになりますが、添付ファイル「新発田市の公共下水道Q&A」(以下「Q&A」という)を参考にしてください。

5.  負担金を期限までに払えなかった場合はどうなるでしょうか。

【回答】国税徴収法の例により、延滞金がかかります。

6.  全ての土地に一律、同一単価で賦課するのはいかがなものでしょうか。

【回答】統一した基準で賦課することで平等を期したものです。土地面積割方式の理由は「Q&A」設問5を参照ください。

7.  1人で所有する土地と共有する土地とがある場合、一本化は可能でしょうか。

【回答】残念ながら受益者申告書は別々の郵送となります。申告書の提出段階で相談いただければ、一本化も可能です。

8.  土地の売買等で受益者を変更する場合はどうすればよいでしょうか。

【回答】売買後に残りの負担金をどちらが払うか決定していただき、納付者が変わる場合は、受益者変更届けを提出してください。

9.  都市計画税との2重賦課にならないでしょうか。

【回答】都市計画税は毎年賦課される街づくり一般のための税であり、下水道受益者負担金は、下水道建設のためだけの一度限りの負担金で、目的が異なり、2重賦課にはなりません。

10. 土地の価値が上がれば、固定資産税も上がるのではないでしょうか。

 また、土地に賦課する根拠が薄いとおもいますが。

【回答】土地の利用価値が高まることを指し、地価が上昇するという趣旨ではありません。

また、土地面積割方式は県内及び全国のほとんどの市町村が採用しているもので、司法の場でも認められた制度です。     

11. 他市の負担金額はどれほどでしょうか。

【回答】供用開始年度と対象経費により異なるもので、一概に比較できません。

12. 600m2を上限とする徴収猶予制度があると聞きましたがどうでしょうか。

【回答】これまで、市街化調整区域に限定して適用されてきた自己居住用住宅の敷地のうち600m2を超える部分の徴収を猶予する制度が、平成19年度から市街化区域及び農業振興地域にも適用されることになりました。なお、猶予の対象としない敷地は次のとおりです。

(猶予の対象としない敷地)

・アパート、賃貸マンション、寮、社宅等の敷地

・貸家を目的として建てられた住宅の敷地

・併用住宅のうち、主たる部分が居宅以外である建物の敷地

・自ら住むために取得又は建築した家であっても、賦課公告日時点で居住 していない住宅の敷地

・店舗、事務所、工場等の敷地

・貸駐車場、貸ガレージの敷地   

    

13. 事業費にかかる起債額を増やすことで、負担金総額を減らすことはできないでしょうか。

【回答】起債額は上限まで借りる計算で負担金を算定しています。(起債とは市が銀行等から借りる借金のことです)

14. 「その他特別な事由」により、面積に上限を設けて減免することはできないでしょうか。

【回答】負担の公平性の観点から、残念ながらできません。

B 排 水 設 備

1.  資料によれば,排水設備工事費は、20~100万円とありますが、工事にほとんど手間がかからない場合でも最低20万円はかかるという意味でしょうか。

【回答】1つの目安を示したもので、20万円未満の場合も、100万円以上の場合もあります。

 それぞれの家屋の条件で異なるため、詳しくは指定工事店に見積を依頼のうえ検討してください。

2.  排水設備工事を行う際は、市に手続きが必要でしょうか。

【回答】あらかじめ定められた手続が必要となりますので、市または指定工事店にご確認ください。

3.  誰も住まなくなった家も接続工事をしなければならないでしょうか。

【回答】人が住まない間は工事の必要はありません。工事は強制せず、都合のつくときに行ってください。

4.  接続工事完了後は、完了検査にすぐに来てもらえるのでしょうか。何日もかかると生活に支障が出ます。

【回答】工事完了後できるだけすみやかに完了検査を行うよう最大限努力しています。

やむをえない場合は、完了検査前でも使用開始を認める場合があります。

5.  家の形状により、公共ますを官民界から10mほど先に付けられないでしょうか。

【回答】出来ません。原則は官民界から1m以内となります。

6.  屋外の給水設備(野菜洗い、泥落とし)などは下水道につながなければならないでしょうか。

【回答】接続する必要はありません。

7.  公共ますの設置について、水回りの関係でもう一個つけることは可能でしょうか。

【回答】2個目を自費で設置することは可能です。市に相談ください。

8.  浄化槽の廃止の方法はどんな方法がありますか。

【回答】廃棄物の処理及び清掃に関する法律に則り、適正に処分しなければ

なりませんが、雨水の貯留槽として利用する方法もあります。

 詳細につきましては、排水設備業者にご相談願います。

9.  公共ますの大きさはどれ位でしょうか。

【回答】標準的なますは直径約20cmです。

10. 雨水用の排水設備は別に作らなければならないでしょうか。(最近排水管を直した)

【回答】雨水用と汚水用の2系統の配管が必要で、公共ますには、汚水用を接続していただきます。今使っている排水管は雨水用に使える可能性があるため、指定工事店に相談してみてください。

11. 排水設備工事中に仮設トイレは必要でしょうか。

【回答】必要ですが、工事中自宅トイレが使えないのは2日程度です。

12. 借地に建てた公会堂があり、建物も古く、地元としては接続意思がないが、接続しなければならないのでしょうか。

【回答】公会堂などの排水設備工事には、市の補助制度があります。

   内容を確認のうえ、関係者と協議してください。

13. 排水設備の見積が有料の場合はいくらぐらいでしょうか。

【回答】ほとんどの工事店が無料ですが、改築等とセットの見積になり、専門的な設計が必要となる場合に有料の場合も考えらます。依頼時にご確認ください。

14. 更地にも公共ますはつけるのでしょうか。

【回答】土地の利用計画が未定であれば、後日の設置も可能です。後日設置としても、負担金はかわりません。追加で設置費を徴収することはないのでご安心を。

15. 接続のタイムリミットは。

【回答】市では早期接続をお願いしています。

くみ取り便所は、下水道が供用開始してから3年以内に水洗便所にして接続しなければならないことになっています。また、すでに水洗便所にしている人も遅滞なく(概ね1年以内の解釈)接続しなければならないことになっています。下水道が整備(供用開始)された区域での家屋の新築・改築の際にも、水洗トイレを設置し、下水道に接続していただくことになります。下水道が整備されても接続しなければ、汚水が直接河川に流入し、水質汚濁の原因となり、快適な生活環境を維持することはできません。みなさんお一人おひとりのご協力をお願いします。

16. 隣家と共同で排水設備を設置・使用することは可能でしょうか。

 【回答】両者協議により同意のうえで行うのであれば可能です。

17. 排水設備のクリアすべき基準は。

 【回答】勾配2%、管径は通常100mm。工事費は目安として1m当り1万4千円~2万円のようです。土地の形状や工事の条件により大きく異なります。

C 使 用 料

1.  水道使用料と下水道使用料を比較するとどうなるでしょうか。

 【回答】 口径13mmで上水道10m3は1,181円に対し下水道使用料は1,449円です。清流を飲料水として浄化する費用よりも、汚水を浄化処理することにかかる費用が大きいためです。

2.  公会堂など、汚水量が0m3(の月)でも、使用料が発生するのでしょうか。

 【回答】基本料金は使用量が0m3でも発生します。

3.  下水道使用料の計算には雨水分も含まれるのでしょうか。

 【回答】下水道使用料の算定に雨水は含まれません。

    市では汚水と雨水を分けて、汚水だけを処理する「分流式」下水道を採用しています。

4.  池や家庭菜園専用に使う水道でも下水道使用料がかかるのでしょうか。

【回答】水道の使用水量を基に下水道使用料を算定しますが、家庭用とは別に池や家庭菜園専用に使用している水道であれば、下水道使用料の対象となりません。

5.  水道使用料と合算して下水道使用料が請求されるが、今の支払い額の2倍以上になる。非常に負担感が大きいので、せめて毎月払いにならないでしょうか。

【回答】下水道の使用料は新発田市水道局および阿賀野市上下水道局に委託して行っており、新発田市水道局では希望者に対して毎月徴収を行っています。ご希望の方は新発田市水道局に申し出ください。また、阿賀野市上下水道局は毎月徴収になっています。

D そ の 他

1.  道路に個人名義の水道管が埋設されている。下水道工事にかかった場合、補償はあるのでしょうか

 【回答】工事前に調査を行い、必要に応じて移設補償をします。

2.  下水道工事は要領が悪い。もっと効率良くやってもらいたい。

【回答】舗装復旧では、沈下が落ち着くまで仮復旧状態で、その後本復旧を行うなど、時間がかかる箇所もあります。工事期間中いろいろとご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

3.  洗車など下水道に排除しない水のために減量メーターがあると聞いたが、設置費用はどれくらいでしょうか。

【回答】水量差が余りにも多いというのであれば、一般家庭においては、水道の口数(メーター)を増やすという方法で対応してください。

4.  通勤する道路に複数の工事が集中しており、迂回、渋滞で困る。

 工事計画において集中しないよう気をつけてほしい。

【回答】工事区間の住民に工事説明会を開催したり、広報に年間の工事予定区間を周知して対応しています。工事発注の際は一箇所に集中しないよう配慮していますが、ガスや水道が同じ路線で工事するケースもあります。ご意見を踏まえ一層配慮に努めます。

担当課・連絡先

担当課:下水道課
住所:新発田市下内竹747 水道局庁舎
Tel:0254-23-7284
Fax:0254-26-3711

ページの先頭へ