• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

市新規採用職員の農業体験学習を紹介します!

平成24年度に市の新規採用職員が農業体験を行いました。

稲刈り

 新発田市では、農作業を体験しながら「食の循環によるまちづくり」を身近に感じてもらい、また周辺農家の方々と交流を深めてもらいたいという思いから、新採用職員を対象に、平成24年度から農業の体験学習を取り入れました。

≪H24春の体験学習≫

 米倉で研修を行い、周辺農家の方々と米倉ふれあい農園の皆さんにご協力いただき、田植えと畑作業を丸一日こなしました。研修の最後に板山有機資源センターも見学しました。

 作業のほかに、周辺農家のハウスを訪れ、実際に育てている野菜を見せてもらいました。生産の苦労や育てる楽しみなど、現場の生の声を聞かせてもらったことで、農業の大変さや関心が高まったようです。

 昼食は、打ちたての蕎麦です。有機の里交流センターで、そば打ち体験をしました。

 昼食後、米倉地区とはどんなところか説明をしていただきました。米倉の特徴的な取り組みや、食の循環によるまちづくりのモデル地区であることを説明していただいたほか、米倉の美しい四季が感じられるDVDを上映し、米倉地区の魅力をたくさん教えていただきました。こうした地区の魅力をPRするにはどうしたらいいか今後は皆さんにも考えてほしいと投げかけがあり、新発田市の魅力を発信するためにどうしたらいいのか考えるきっかけとなりました。

 午後から野菜の植え付けを行いました。植えた野菜は、トマト、ナス、ピーマン、とうがらし、さつまいも、ズッキーニ、オクラ、里芋、枝豆、食用菊。トマト、ナス、ピーマンはそれぞれ4品種も植えました。

 丸一日、外作業だったため非常に疲れたと思いますが、同期や地域の方々と交流を深めることができたいい研修でした。受講後の感想として、新発田の魅力を発信していかなければいけない、子どもたちには生産者の気持ちを伝え、食べ物の大切さを伝えなければいけないなど、自分が今できることを考えるきっかけになったようです。

≪H24夏・秋の体験学習≫

 5月に植え付けた野菜が、8月に収穫の時期を迎えました。新採用職員には、休日を利用して家族と収穫を楽しんでもらったり、水やりや草取りなど自主的に作業を行ってもらいました。収穫した野菜は、同期のバーベキューで楽しんだほか、保育園の給食に活用してもらったり、本庁舎食堂の総菜として提供しました。

10月には、5月に体験学習で田植えを行った田んぼの稲刈り作業を行いました。米倉の農家さん達の協力を得ながら、はさがけや脱穀も体験させてもらい貴重な経験となりました。例年行っている調理実習では、新採用の畑で育った野菜を使用し、おいしい昼食を作ることができました。

この農業体験学習は、平成25年度も引続き実施する予定にしています!!

調理実習

担当課・連絡先

担当課:人事課
住所:新発田市中央町3-3-3 ヨリネスしばた5階
Tel:0254-22-3030
Fax:0254-22-3110

ページの先頭へ