• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

食とみどりの新発田っ子プラン

新発田市の食育を紹介します

 「食とみどりの新発田っ子プラン」は、平成20年度から市内全小・中学校、全幼稚園・保育園で始まった新発田市独自の食育のプランです。

 このプランの大きな特色は、市全体で進めている「食の循環によるまちづくり」の考えを教育活動の中に取り入れ、取組を実践していることです。豊かなる大地を基盤とした「育てる(栽培)」、「作る(料理)」、「食べる」、「返す(リサイクル)」の「食のサイクル(循環)」について学び、体験することで、子どもたちの豊かな心や生きる力を育むことをめざしています。

 また、具体的なめざす姿として、「年長児で一人でごはんが炊ける子ども」、「小学6年生で一人で弁当が作れる子ども」、「中学3年生で一人で小煮物(のっぺ)のある夕食1食分を作れる子ども」を設定し、各学校や各園で特色ある取組を実践しています。

学校(園)・家庭・地域が連携してすすめる食育

 食育の基本は、家庭にあります。食とみどりの新発田っ子プランでは、学校(園)と家庭、地域が連携した組織(食とみどりの新発田っ子プラン推進委員会)をつくり、取組を実践しています。学校から家庭や地域へと食育を発信し、浸透させることも、このプランの特色です。

 市教育委員会も、各学校の取組支援や、教職員や家庭への意識啓発などにより、このプランを推進します。

 「食とみどりの新発田っ子プラン」の取組については、添付のパンフレットをご覧ください。

育てる(栽培)

作る(料理)

返す(リサイクル)

担当課・連絡先

担当課:教育総務課
住所:新発田市乙次281-2 豊浦庁舎2階
Tel:0254-22-9531,0254-22-9535
Fax:0254-26-3755

ページの先頭へ