• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

国民健康保険の加入・脱退などの手続き

国民健康保険の加入・脱退などの手続き

国民健康保険に加入するときや脱退するときは届出が必要です。

 世帯主又は同じ世帯の方が届け出る場合は、本人であることを確認できるもの(運転免許証等)が必要になります。また、その他の人が代理人として届け出る場合は、運転免許証等の他に、委任状と代理人の印鑑が必要になります。

 なお、世帯主及び手続き対象となる方の個人番号(マイナンバー)について、平成28年1月から、国保に関する各種申請書への記入が必要となりました。お手続きの際は、通知カードなど、マイナンバーのわかるものをご準備ください。

【届出先】 市役所 保険年金課 又は 各支所 住民福祉係

こんなときに手続きが必要です

●国民健康保険に加入するとき

こんなとき必要なもの
職場の健康保険をやめたとき職場の健康保険をやめた証明書(健康保険資格等取得・喪失連絡票など)
職場の健康保険の被扶養者から外れたとき被扶養者認定が取り消された証明書(健康保険資格等取得・喪失連絡票など)
任意継続被保険者証が有効期限を経過したとき有効期限を経過した保険証又は任意継続の資格を喪失した証明書(健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書など)
生活保護を受けなくなったとき保護廃止決定通知書
他の市区町村から転入したとき前住所地から交付された転出証明書

 保険証は、届出と同時に交付します。国保加入の届出が遅れた場合、保険税をさかのぼって納めたり、医療費を全額自己負担したりしなければならないので、速やかに届け出てください。

 外国人の方が加入するときは、在留カード又はパスポートが必要になります。

●国民健康保険を脱退するとき

こんなとき必要なもの
職場などの健康保険に加入したとき国保の保険証、職場の健康保険に加入した証明書(職場の健康保険証など)
職場の健康保険の被扶養者になったとき国保の保険証、職場の健康保険に加入した証明書(職場の健康保険証など)
生活保護を受けるようになったとき国保の保険証、保護開始決定通知書
他の市区町村へ転出するとき国保の保険証

 国保脱退の届出が遅れた場合、保険税が二重払いになってしまったり、国保資格がなくなったあと、国保の保険証を使って受診すると、国保で負担した医療費を返していただくことになるため、速やかに届け出てください。

●その他の手続き(国民健康保険加入中の方)

こんなとき必要なもの
住所、世帯主、氏名などが変わったとき国保の保険証
就学のため家族と離れて他の市町村で生活するとき在学証明書又は学生証の写し
学生用の保険証が有効期限を経過したとき※下記1~3を参考にしてください。 
 1 引き続き学生で、保険証の有効期限を延長するとき有効期限を経過した保険証、在学証明書又は学生証の写し
 2 学生でなくなり、住所地の国保に加入するとき有効期限を経過した保険証
 3 お勤めされ、職場の健康保険に加入したとき国保の保険証、職場の健康保険に加入した証明書(職場の健康保険証など)
保険証をなくしたとき(又は汚れて使えなくなったとき)本人であることを確認できるもの(運転免許証等)
退職者医療制度の対象となったとき(65歳未満の方)国保の保険証、年金証書(加入月数の記載された証書)

●「口座振替」が便利です

国民健康保険税の納付について、納期限の日に預・貯金口座から自動的に納付できる「口座振替」をご利用ください。

《申込手続き》

納税通知書、預・貯金口座通帳の届出印を持って、市内に本・支店のある金融機関等の窓口へお申し込みください。

《振替の開始日》

申込日の翌月の納期分から口座振替が開始されます。申し込んだ月の納期分は、直接窓口で納付してください。

担当課・連絡先

担当課:保険年金課
住所:新発田市中央町3-3-3 ヨリネスしばた3階
Tel:0254-22-3030
Fax:0254-26-2210

ページの先頭へ