• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

「ヨリネスしばたで逢いましょう」

「ヨリネスしばたで逢いましょう」

市長日記(「広報しばた」2017年6月1日号)

 5月21日に、「新庁舎開庁・市制施行70周年記念式典」を開催しました。「新生しばた ~新たなる100年に向けて」をテーマに、第一部の式典では70年の歩みを映像で振り返るとともに功労者を表彰しました。第二部「未来の新発田へ贈る音楽会」では新市歌を発表し、おおぜいの参加者から「すばらしかった」とお褒めの言葉をいただきました。1月4日の新市庁舎オープンから続いた、一連の大きな仕事を無事に終えることができ、ほっと胸をなでおろしているところです。

 その新市庁舎を見渡してみると、1階の「札の辻広場」では、元気に遊ぶ園児たちの声が響き、「札の辻ラウンジ」では手続きを終えた方が一休み。4階の屋外テラスでは、車いすで散歩されている高齢者の方やスマートフォンで記念撮影をしている若者の姿を見かけました。放課後には多くの高校生が勉強にやってきます。新市庁舎全体を使った絵画展も開催されました。これまでの市庁舎では見かけない光景がそこにはあります。

 「札の辻」は、江戸時代には新発田藩の「お触れ書き」を掲示する交差点で、人々が集まる場所でした。人々の交流を生み出すことを期待して中心市街地に新市庁舎を建設したのですが、日に日にその色合いを増していることを、たいへんうれしく思っています。かつて、「有楽町で逢いましょう」というヒット曲がありました。フランク永井さんの甘い歌声に誘われて、若者が有楽町を待ち合わせスポットにしたように、「ヨリネスで逢おうぜ」を合言葉に、この庁舎が市民の皆さんの集合場所になったらどんなに素敵でしょう。

担当課・連絡先

担当課:みらい創造課
住所:新発田市中央町3-3-3 ヨリネスしばた5階
Tel:0254-22-3030
Fax:0254-22-3110

ページの先頭へ