• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

№006 坪川洹平

新発田図書館の寄贈者

坪川(写真)

新発田出身の実業家で新発田町立図書館(現市立図書館の前身)の寄贈者です。

明治7年(1874)、元新発田藩士である父・坪川瀬平と母・ウイの三男として、新発田町外ヶ輪に生まれました。18歳のとき、大倉喜八郎のような大実業になることを夢見て上京。

上野の姉のところに身を寄せていた折、高橋光威訳『貧児立身伝』の中に書かれたジョージ・ピーボデーの伝記と出会い発奮します。以後、不撓不屈の精神で奮闘し、活版印刷所の見習い工から銀行員などを経て、関西・関東の実業界で活躍するにいたりました。

後に洹平は社会事業に情熱を注ぎ、新発田図書館と図書会館を建設寄付したほか、市庁舎建設資金の融通、高齢者の慰問敬老、貧困産婦の救護事業などを行いました。

昭和27年(1952)、新発田市議会が全会一致で新発田初の名誉市民の称号を坪川に贈っています。昭和33年(1958)11月7日没。享年85歳。

現在でも、新発田市図書館の玄関横に、洹平の英文の箴言(格言)を訪ねることができます。

※坪川洹平について、詳しくは別添の資料をご覧ください。

担当課・連絡先

担当課:文化行政課
住所:新発田市乙次281-2 豊浦庁舎1階
Tel:0254-22-9534
Fax:0254-26-3755

ページの先頭へ