• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザについて

1 高病原性鳥インフルエンザとは

 ニワトリなどの家きんに対して強い病原性をもつインフルエンザウイルスの一種です。

我が国では、これまで鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

 また、鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常は人に感染することがないと考えられています。

2 死亡した野鳥を発見したときの対応

(1)野鳥はさまざまな原因で死亡します

野生の鳥は、エサが採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。

建物や電線、車などに衝突して命を落とす野鳥もいます。

野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。

(2)死んでいる野鳥には直接さわらないようにしてください 

やむを得ず死んだ野鳥にさわる場合は、細菌や寄生虫対策としてマスクやゴム手袋等を必ず装着してください。

処分する場合は、下記の通報先へご相談ください。

万一、野鳥の排せつ物などにふれた場合は、手洗いとうがいをしましょう。

(3)このような場合は通報してください

・ハクチョウ類やカモ類、ワシタカ類が死んでいる(弱っている)場合

  これらは高病原性鳥インフルエンザに感染しやすい種類の鳥たちです

・同じ場所でたくさんの野鳥が死んでいる場合

3 通報先

・新潟県新発田地域振興局環境センター(0254-26-9139)

・新発田市環境衛生課(0254-22-3030)

※詳しくは「新潟県ホームページ」をご参照ください。

※高病原性鳥インフルエンザに関する情報について、詳しくは「環境省ホームページ」をご参照ください。

新発田市の取組について

 新発田市では、関川村で発生した鳥インフルエンザの対応のため、12月2日(金)午前1時から、関川村に職員を派遣します。

担当課・連絡先

担当課:みらい創造課
住所:新発田市中央町3-3-3 ヨリネスしばた5階
Tel:0254-22-3030
Fax:0254-22-3110

ページの先頭へ