• ホーム Home
  • 市民の皆さんへ For Citizens
  • 観光情報 Sightseeing information
  • 企業・起業 Business
  • まちづくり Town planning

子宮頸がん検診 

子宮頸がん検診を受けましょう

 子宮頸がんの罹患(りかん)率は、20歳代後半から40歳代前半まで増加し、70歳頃再び増加します。また、近年、20歳代や30歳代の若年層で増加傾向にあります。初期には、症状がほとんどなく、自覚症状があらわれる頃には、病状が進んでいることが少なくありません。

 子宮頸がん検診を受けることで、がんになる前の段階で発見することが可能です。

 市では、20歳以上の女性に2年に1回の検診受診を勧めています。子宮頸がんの予防と早期発見のために継続的に検診を受け続けることが大切です。

 

【内 容】  細胞診検査・視診・内診(必要時)

【対象者】  20歳以上で当該年度に偶数年齢になる女性(平成30年3月31日現在の年齢)

【実施時期】 6月から翌年2月まで

【料 金】  20歳以上:2,100円

※70歳以上の人、生活保護を受給されている人、障害者手帳などをお持ちの人は、等級、年齢等により検診料金が無料となる場合があります。(添付ファイルで確認ができます)

※平成30年3月31日までに21歳になる人は検診料金が無料となります。対象となる人には、5月中旬頃に案内通知をお送りします。

《子宮頸がん検診指定医療機関》

医療機関名所在地電話番号
関塚医院小舟町226-1405
富田産科婦人科クリニック諏訪町122-1155
広神産婦人科医院中央町122-2680
渡部レディスクリニック新栄町126-6666

【その他】

・奇数年齢で前年度未受診の人は、検診を受診できますので、希望する人は担当課までご連絡ください。

・申し込みいただいた人には、受診に必要な書類を送付いたします。

・対象の人で、申し込んでいない人も受診できます。担当課にご連絡ください。受診に必要な書類を送ります。

担当課・連絡先

担当課:健康推進課
住所:新発田市中央町3-3-3 ヨリネスしばた2階
Tel:0254-22-3030
Fax:0254-21-1091

ページの先頭へ